女の人

ISO9001で安全を守る|信頼度を高める秘訣を手に入れよう

効率的に利用する

システム

これまでのISO9001

実際、ISO9001を導入する際、1990年代の後半ごろは、とにかく取得することが優先されていた時期でした。出来合いの、具体性のない品質マニュアルを適用し、普段行っている作業はそのままに、ISOの作業内容と、通常業務のどちらをも行う体制をとっていたことが原因といえます。このように負担に感じ始めた企業は、継続することをやめていった経緯があり、これは取り組み方に問題があった、と言わざるを得ませんでした。実際、ISOの規格要求事項をうまく取り入れた企業は、非常に効率的に利用しているのです。

取得した後の取り組み

ISO9001に限らず、こういった品質にかかわる要求事項は、現場にうまく適用させてこそ、意味のあるものになります。ISOの認証取得後、早めにそのことに気が付き、修正していった企業の中には、その運用していく過程で無駄をそぎ落とし、洗練したものに作り上げていっているところもあります。もちろん、こうした動きは、各企業だけが行っていったものではなく、コンサルティングサービスを行っている会社が先導して行っている場合もあり、関わる人みんなで作り上げているのです。これまでの取得することが目的のISOから、実際に運用して成果を出すことに、視点が移ってきているのです。この流れは今後も続いていくことが予想されております。また、2005年に規定発行されたものにISO22000があり、今後も食の安全を守る取り組みは行なわれていくと予測されます。

コンサルティングが大切

ネット

国際的なビジネスを行なうことを視野に入れるのであれば国際規格であるISOの取得は確実に行なう必要があります。規格を取得する場合はコンサルティング企業などの協力を得てから取得に取り組むようにしましょう。

もっと読む

取得する方法

笑顔の女性

ISOを取得する上で、その取り組み方には、大きく分けて2種類あります。一つは自社で他からの助けを借りずに、取得する方法で、もう一つは外部のコンサルティングを利用して、進めていく方法です。

もっと読む

情報を漏らさない

パソコン

ネットワークセキュリティは、しっかりと対策を取ることで情報を守ることができます。不正アクセスや情報漏えいを防ぐためにも必要不可欠なものです。外部から攻撃されにくく、内部からの情報流出を防ぐことが大切です。

もっと読む